企画開発部 / ディレクター これまで自分がクリエイターとして 足りないと思っていた部分を補い、 成長できると思った

企画開発部 / ディレクター これまで自分が クリエイターとして 足りないと思っていた 部分を補い、 成長できると思った

UEMAKI SHINICHI上牧 真一

PROFILE
ゲームが好きで、ゲームに関わる仕事がしたいと専門学校に進学。ゲーム開発に携わることができたものの、ゲーム会社の下請けに従事する案件ばかり。そんな時、家庭の事情で転職を決意。大きな転機を迎えました。

Q1 在の仕事について
教えてください
MY WORK

プロジェクトの開発、仕様書の作成、スケジューリングなど、幅広く仕事を任せてもらっています
私は、まだ入社してたった3ヶ月。それでも、プロジェクトの開発、仕様書の作成、スケジューリングなど、幅広く仕事を任せてもらっています。入社して、すぐに新規プロジェクトに関わることができました。前職でもゲーム開発を手掛けてきましたが、下請けとしての案件ばかりだったので、自社タイトルを運営してというわけではなく、運営面を意識しながら開発を進めていくというはじめての経験をさせてもらっています。不安な部分もありますが、そのことを理解してくれる仲間に恵まれ、自分自身がやりたいと思っていた仕事なので、今は楽しく学びながら仕事をさせてもらっています。

Q2 DeNA Games Osaka
働くことを決めた理由
WHY DeNA GAMES OSAKA

ゲームで売上を上げているDeNAのノウハウはとても魅力的なものでした
前職で担当していたゲーム開発の仕事は、クライアントの下請けとなって開発を進めていくため、ゲームが完成したらそこで終わり。プロモーションや運営、リリースに関わることは、ほとんどありませんでした。さらに前の職場では、繁忙期になるとオフィスで寝泊まりすることもあったので、できれば今後は仕事とプライベートがうまく両立できる会社で働きたいと思ったのです。「大阪に会社があり、働きやすい環境が整っている会社」という条件で探していた時に出会ったのが、DeNA Games Osakaでした。雇用環境はもちろんですが、以前から自分がつくったゲームを運営していくための「運営力」を学びたいと思っていた私にとって、ゲームで売上を上げているDeNAのノウハウはとても魅力的なものでした。さらに、DeNA Games Osakaは、ゲームに特化した拠点。ここでなら、これまで自分がクリエイターとして足りないと思っていた部分を補い、成長できると思ったのです。

Q3 DeNA Games Osaka
あついチームだと
感じる瞬間は?
HOT TEAM

会社を良くしていこうという空気が感じられる職場です
入社して3ヶ月ですが、この間にも新しい取り組みが次々と誕生しています。例えば、カードを使って相手のいいところを褒めたり、成果を出した人を表彰したりするなど、ちゃんとメンバーを評価していこうという思いが行動で伝わってくるので、高いモチベーションで働くことができます。また、新しいメンバーに関しても、仲間を迎え入れようという社風が根付いています。社長のビジョンがしっかり伝わるように、普段から近い距離で接することができるのも魅力。そのビジョンに向かって、みんなで力を合わせられるチームです。

1日の
スケジュールTIME SCHEDULE

1日のスケジュール 1日のスケジュール

職者へのメッセージ MESSAGE

ゲーム開発者として自由な社風の中で楽しく働ける会社
DeNA Games Osakaは、企画をやりたいという人にとって恵まれた環境だと思います。熱い思いを持って仕事に取り組んでいる人が多いので、自分も一緒に盛り上げていきたいと思える会社です。親身になってくれる人が多く、何でも話したくなってしまいます。ここでなら、話すことが苦手な人でも活躍できるはずです。また、グループ会社ですが、東京のDeNA本体としっかり情報を交換し、ノウハウも共有されるので安心して働くことができます。大きなグループの一員として誇りを持ち、さらにベンチャー企業のゲーム開発者として自由な社風の中で楽しく働ける会社です。