技術部 / サーバーサイドエンジニア DeNA Games Osakaには、 目標を事業として実現できる 企業力があります。

技術部 / サーバーサイドエンジニア DeNA Games Osakaには、 目標を事業として 実現できる 企業力があります。

HITONISHI MASAKI人西 聖樹

PROFILE
独立系SIerでの経験を経て、DeNAに入社。休日は、趣味で自作ゲームのプログラミングを行うほどのゲーム好き。現在は、プログラマとして活動しながら、自身の目標を実現するために邁進しています!

Q1 在の仕事について
教えてください
MY WORK

ブラウザゲームの開発に
プログラマとして参加しています
ゲーム内で開催するイベントの企画・開発を担当し、現在はそのイベントをさらにブラッシュアップして、定期的にリリースすることが私のミッションとなっています。もっとユーザー様に喜んでいただけるものにするためには、ただ「面白いものをつくりたい!」という気持ちだけでは成立しません。ブラウザゲームでは、課金状況や機能の使用頻度などの反響が実際の数字となって返ってくるので、それらを分析しながら結果を出していくことが重要です。また、月に一回の頻度でリリースするため、開発スピードも求められます。

Q2 DeNA Games Osaka
働くことを決めた理由
WHY DeNA GAMES OSAKA

ここでなら理想の働き方が
実現できると感じました
私は、新卒として業務システムを開発する独立系SIerに入社し、エンジニアとしての道をスタートさせました。しかし、業務システムの開発は、クライアントからの依頼に従事する案件がほとんどで、開発作業を外注の技術者と一緒に行うことも多く、開発のスピード感にも欠けていると感じました。裁量の自由が制限されるような働き方ではなく、もっとエンジニアとしていろんな経験が積みたいと思い転職を決意。転職サイトを見ていた時に、自社でゲームを開発し、さらに未経験でも開発に携われるというDeNA Games Osakaの求人広告を見つけました。元々ゲームが好きで、特にブラウザゲームに関しては、かなりのヘビーユーザーである私。大手企業「DeNA」の印象が強く、そんなところで経験のない自分が本当にやっていけるのかという不安もありましたが、未経験からでもスタートできる研修体制や環境が整っていることを知り、ここでなら理想の働き方が実現できると感じました。

Q3 DeNA Games Osaka
あついチームだと
感じる瞬間は?
HOT TEAM

自分がやってみたいと思うことに
挑戦させてくれる
社員同士で気軽に何でも言い合える雰囲気があります。だからと言って、コミュニケーションが得意な人ばかりが集まっているのではなく、それぞれの個性を尊重してくれるような「あたたかさ」を感じる職場です。私は、あまり話すタイプではありませんが、アイデアのブレストをする時はどんどん意見を出します。それができる空気を、周囲がつくってくれているのだと思います。
あと、失敗を恐れず、自分がやってみたいと思うことに挑戦させてくれる会社です。仲間が挑戦する姿をいつも優しく見守ってくれる人が多く、安心しながらいろんな経験をさせてもらっていると感じています。

1日の
スケジュールTIME SCHEDULE

1日のスケジュール 1日のスケジュール

職者へのメッセージ MESSAGE

いろんなことにチャレンジできる
フィールドを持つDeNA Games Osaka
自分の意見をどんどん出していけるので、社員一人ひとりが活躍できる会社だと思います。自分が正しいと思うことを「信念」として持ってさえいれば、上司や先輩も意見を受け入れてくれるので、成長意欲のある人にはおすすめです。
私の目標は、自分の企画でゲームを立ち上げること。
DeNA Games Osakaには、その目標を事業として実現できる企業力があります。「DeNA」というブランド力を持ちながら、まだいろんなことにチャレンジできるフィールドを持つDeNA Games Osaka。
ここでしかできない働き方があると思います。