デザイン部 / クリエイティブディレクター 数々の経験から手に入れた、 スキルを持つ者だけが 挑戦できるフィールドがある

デザイン部/ クリエイティブディレクター 数々の経験から 手に入れた、スキルを 持つ者だけが 挑戦できる フィールドがある

WAKABAYASHI TAICHI若林 太一

PROFILE
数々のゲーム会社でクリエイターとしての経験を積み、誰もが知っているような人気タイトルの開発も手掛けてきました。それぞれの職場に成長できる環境があり、今は新たなステージでの挑戦をはじめたばかりです。

Q1 在の仕事について
教えてください
MY WORK

デザイン部の部長とクリエイティブディレクターとして
幅広い仕事に携わっています
デザイン部の部長としてマネジメント行い、さらにクリエイティブディレクターとしてUIをベースに企画、レベルデザイン、ディレクション、アートディレクションを担当するなど、幅広い仕事に携わらせていただいております。前職でもプレイングマネジャーとして働いていましたが、今が一番マネジメントを意識した働き方が求められていると感じています。実は、私はまだ入社して3ヶ月。メンバーとコミュニケーションを大切にしながら、目の前に来る仕事を一つひとつこなしてきました。今、それらがやっと一つにつながり、私がここで何をするべきなのかが見えてきている段階です。

Q2 DeNA Games Osaka
働くことを決めた理由
WHY DeNA GAMES OSAKA

「この人には、人を動かす力がある!」と感じ、心を動かされた
過去、3つのゲーム会社に勤務していました。最初の会社では、有名なサッカーゲームをはじめ、さまざまなタイトルの制作に参画。2社目ではWEBアプリの運営改善・新規タイトルの開発を手掛け、3社目では人気キャラクターゲームの開発に従事。ゲームクリエイターとしてのスキルを着実に身に付けてきたおかげで、好きなゲームをつくり、それ相当の収入を得られる環境があり、不満はまったく感じていませんでした。しかし、DeNA Games Osakaからのオファーを受け、初めて社長とお会いした時に、「この人には、人を動かす力がある!」と感じ、心を動かされたのです。目的のために自分に何ができるのかを知っているから、意思決定も早い。この社長と一緒なら、ゲーム業界の新たな可能性に挑戦できるのではないかというビジョンが描けてしまったのです。数々の経験からスキルを手に入れ、そのスキルを持つ者だけが挑戦できるフィールドがある。それを知って、ぜひ挑戦したいと思いました。

Q3 DeNA Games Osaka
あついチームだと
感じる瞬間は?
HOT TEAM

ゲームづくりに対する熱意と、意見を言い合える自由な雰囲気で溢れています
一人ひとりが自分の未来を描き、それぞれの意志を持っている。そんなメンバーが集まっているという印象です。ゲームづくりに対する熱意と、意見を言い合える自由な雰囲気で溢れています。しかし、自由だからこそ、まだ醸成されていないと感じる部分があるのも事実。これからはその不安定な部分に注目し、そこをいかに良い方向へ持っていけるかが重要だと思っています。DeNA Games Osakaには、向上心を持ち、目的に向かって自己研鑽するために努力できるメンバーが集まっています。自分の経験を少しでも多く伝えることで、もっと熱いチームになれると信じています。

1日の
スケジュールTIME SCHEDULE

1日のスケジュール 1日のスケジュール

職者へのメッセージ MESSAGE

チームとして技術力トップレベルだと認められる会社を目指します
DeNA Games Osakaは、これからどんどん成長する会社だと思っています。もちろん、ここでずっと一緒に働けるメンバーを求めていますが、極論を言えば、最終的に外に出しても恥ずかしくないような人材を育てていきたいと思っています。一人ひとりがスペシャリストとして、チームとしては技術力トップレベルだと認められる会社を目指します。そのためには、私自身も経営にコミットできる人材に成長し、ゲーム業界で活躍できる人材を育てていきたい。これが、今の私の新たな挑戦です。未来に何か目指すものがあるという人、ここで一緒に挑戦してみませんか?