企画開発部 / プロデューサー こんなに楽しく働ける チームって存在するんだなと 思う日が多いです

企画開発部 / プロデューサー こんなに楽しく 働けるチームって 存在するんだなと 思う日が多いです

YOSHIDA SHUTA吉田 周太

PROFILE
商品開発の仕事を希望し、大手家電メーカーに入社。5年の勤務を経て、仕事の幅を広げるため転職を決意。趣味はフットサルで、大学で日本一になった経験も。仕事もプライベートも、チームワークを大切にしています。

Q1 在の仕事について
教えてください
MY WORK

意識しているのは、自分だからできるリーダーとしての仕事をすること
プロデューサーとして、企画・デザインなどを管理。ゲームタイトルの運用を行う全体の責任者として活動しています。それと同時に、チームリーダーとしてマネジメントにも携わり、メンバーの育成にも力を入れています。普段から意識しているのは、自分だからできるリーダーとしての仕事をすること。
今のチームには前任者が確立した楽しい雰囲気があります。そこからもっとチームが成長できるように、さまざまな取り組みを実践していきたいと考えています。チーム単体ではなく、他のチームとの関係も強くしていくことで、企業として一体感が持てるチームづくりを目指したいです。

Q2 DeNA Games Osaka
働くことを決めた理由
WHY DeNA GAMES OSAKA

本気で成長していこうとアクションを
起こしている姿に感銘を受けた
前職の大手家電メーカーでは、主にスマートフォンの商品開発を担当していました。技術力の高さで評価を受けていた企業だったので、もちろん新しい技術も登場してはいました。しかし、どこか扱う技術を変えているだけのような印象もあり、このままでは伸びしろがないという違和感を持つようになったのです。
転職を決意し、求人広告を見ていた時に、DeNAのグループ会社が大阪にあることを知って応募。好奇心と勢いだけで応募し、その当時は契約社員の募集だったこともあり、あまり意欲的ではなかったと思います。しかし、面接を終えた時には、「ここで働きたい!」と心から思っていました。私とそこまで年齢が変わらない人たちが、本気で成長していこうとアクションを起こしている姿に感銘を受けたのです。また、みんなで楽しく作ったものは必ず良いモノになるという考えを持ち、チームで働くことを大切にしている会社だという印象を受けました。ここでなら私も成長できるはずだと思いました。

Q3 DeNA Games Osaka
あついチームだと
感じる瞬間は?
HOT TEAM

モノづくりに対して熱い心を持ち、
物事に対してポジティブに取り組む仲間が集まっています
DeNAの理念を理解し、みんなで同じ方向を見て前進しているという印象のチームです。自分の思っていることを発信できる社風があり、その環境を全員でつくっているような会社です。
メリハリがないというわけではなく、仕事と遊びの境界線が良い意味でないので、とにかくみんな楽しそうに働いています。はっきり言って、こんなに楽しく働けるチームって存在するんだなと思う日が多いです。みんなが楽しくモノづくりに取り組み、その楽しい思いがきっとユーザーにも届いていると思います。

1日の
スケジュールTIME SCHEDULE

1日のスケジュール 1日のスケジュール

職者へのメッセージ MESSAGE

自分が成長すれば、
次の成長材料が落ちてくるような会社
DeNA Games Osakaは、自分が成長すれば、次の成長材料が落ちてくるような会社です。「自分の技術力を試したい」「経験を活かしてもっと自分のフィールドを広げていきたい」と思っている人には、ピッタリの会社だと思います。もし、今の環境に窮屈さを感じているのであれば、ここで一緒にやってみませんか?
人と働くことが好きな人、人に興味を持てる人、チームで一緒にモノづくりをしていきたいと考えている人と会社を盛り上げていきたいです。チームで一緒にゴールを目指す中で、自分の役割が自然に生まれる環境なので、やりがいを感じながら働けると思います。