スタッフインタビュー

吉田 周太
プランナー
経歴
新卒で東証一部上場企業である某メーカーに入社後、営業、そして商品企画に従事。
2015年 DeNA Games Osaka入社
仕事内容
各イベントの施策レビュー
売上管理
メンバーアサイン
企画メンバーの教育
1日のタイムスケジュール
10:00 出社、メール確認
11:00 前日売上の分析
12:00 チーム定例MTG
12:30 昼食
13:30 取引先様向け資料作成
15:00 イベント企画、仕様書レビュー
17:00 新規イベント企画考案MTG
19:00 メンバー育成プラン検討
20:00 退社

―仕事をする上での、ポリシーを教えて下さい!

とにかく楽しく働くことです。ゲームというエンタメの価値をお客様に届けるにあたり、それを作る私たちがどれだけその価値自体を「面白い!」と思えるか、さらにはそれを作る過程で楽しめるかが最も大事だと考えています。

―DeNA Games Osakaに入社した理由は?

20代や30代前半でも実力と結果さえ示すことができれば、どんどん大きなチャレンジの場が与えられることに魅力を感じて入社しました。また組織としてまさに成長過程である会社だからこそ、自分の影響力を強く発揮できると感じたことも入社を決めた理由の1つです。

―DeNA Games Osakaでこんな挑戦をしました!

入社以降、積極的に他メンバーに対しても働きかけることで今年の1月からは企画のリーダーになりました。企画のまとめ役として奮闘する一方で、長期間停滞してしまっていた大きな案件のオーナーとして既存機能の一新を、短期間で集中的に行うことができました。

5月からは所属タイトルの事業責任者であるプロデューサーになるため、今まで以上の挑戦ができるものと、ワクワクしています!

―DeNA Games Osakaってこんな会社です。

DeNA Games Osakaに入社し、立ち止まっていたら何も始まらないし、何も変わらないということを強く感じています。いかに自分を突き動かし、メンバーを巻き込み、ユーザーの心を動かすか。とにかく動き、動かし続ける、そうすることが結果に結びつく会社です。

―これからの目標や夢!

プロデューサーとして面白いゲームをつくり続けることを考え続け、担当事業の売上を最大化させ続けるのが今の目標です。

―どんな人と一緒にはたらきたいですか?

責任感と熱意を持って仕事に取り組める人!自分のため、周りのために一緒に楽しく積極的に働ける人をお待ちしています。

 

―吉田さんってどんな人?

プランナー 今西

頭の回転が速く、論理的に物事を考え的確な発言をする。そしてメンバーを巻き込む抜群のリーダーシップ!更に必ず結果を出す!!ほとんど同期入社なのですが、僕にはない魅力に溢れる男です。

こうして書くと欠点が見当たらない完璧な男に見えますが、楽しい事を考える企画職でありながら、滑ることも多く、また、とても優しそうに見られる彼ですが、実はそうではない一面も兼ね備えています・・・(笑)そんな、魅力溢れる彼は、良きライバルであり、困った時は最も頼れる同僚です。

 

企画開発部部長 片山

前職で家電メーカーで携帯電話の商品企画をしていた彼。他業種からの転職ですが、ゲーム、ものづくりが好きという思いや物事を論理的に考えられる力が高く、今では会社に欠かせない存在です。入社してからは研修を経て、数ヶ月で業務をキャッチアップし、半年で運用タイトルの企画リーダーを務めるまでになっていました。

とにかく成長意欲旺盛な人間で、どんな仕事にもトライするバイタリティがすごい!持ち前のバイタリティでどんどんチャレンジングな環境を掴んでいて、今後も、新規開発やマネジメントなど、新たなステージでの成長を期待しています。

吉田 周太
プランナー