スタッフインタビュー

人西 聖樹
Webエンジニア
経歴
新卒で独立系SIerにてSEとして従事。
2014年 DeNA Games Osaka入社
仕事内容
ブラウザゲームの設計・開発・テスト・運用
1日のタイムスケジュール
10:00 出社、メール確認
10:30 イベント施策のブレスト
13:00 昼休憩
14:00 イベント施策の開発
17:00 開発ツールの改善など
18:30 退社

―仕事をする上での、ポリシーを教えて下さい!

「昨日より今日をより良く!」です。

DeNA Games Osaka はまだまだ成長途中の会社です。成長フェーズに応じて課題が日々生まれます。そうした課題を1つずつクリアにしていくことで、ユーザーにとってはもちろん、僕らにとっても、昨日より良い今日にしていきたいと思っています。

―DeNA Games Osakaに入社した理由は?

未経験でも成長できるところです。私は、ゲーム業界、そしてWebエンジニアとしても未経験でしたが、自己学習や何より周囲のサポートのおかげで、エンジニアとして一人立ちしてやっていけるようになりました。

―DeNA Games Osakaでこんな挑戦をしました!

ゲームのUI/UX向上施策を主導して行いました。入社早々、アートやプランナーなど様々な職種が入り混じったチームの中で、エンジニアとして開発を主導した経験は、自身にとっても大きな挑戦で印象深いです。

―DeNA Games Osakaってこんな会社です。

仕事をだれかに「やらされて」いる人は一人もいません。

みんなそれぞれ主体的に課題を見つけては改善するために、全力でコミットする、能動的なメンバーばかりの会社です!

―これからの目標や夢!

社会に「インパクト」を与える製品やサービスを作っていきたいですね。

―どんな人と一緒にはたらきたいですか?

理想が語れる人と仕事がしたいです!

ゲームに関して、エンジニアリングに関して、チームに関して、業界に関して、どうあるべきかを、自分の言葉で語れる人と一緒に働けると嬉しいですね。

 

―人西さんってどんな人?

フロントエンドエンジニア 賀司

見た目は飄々としてますが、実際接すると、とても熱い後輩です。タフなんでしょうね。難しい案件も毎度見事にこなすパワフルエンジニア。コーダーという私の職種柄、エンジニアとは密にコミュニケーションをとり業務を行いますが、こちらの要望にすぐ応えてくれます。なんせ仕事が早い!そして丁寧。困ったトラブルもすぐ解決!

最新技術へのキャッチアップも早く、様々な提案をしてくれます。最近では様々なイベントで技術発信もしているようです。いないと困る中心人物で、とても頼りになる存在です。

 

Webエンジニア 荒木

人西さんは、技術についての知識、興味が人一倍高い、生粋のエンジニアだと思います。技術関連トピックのキャッチアップも素早く、仕事も早い。忙しい時もいつも活き活きとしているのが印象的です。難しい問題が発生した時も楽しんで仕事をしているように見えますね。

「ゲームを作る」だけじゃなく、「ゲームを作るプロセス」に対して、技術的なアプローチでどんどん提案、改善していってくれるので、チーム全体が楽になり、同じ時間でさらに良いモノ作りができるようになりました。

人西 聖樹
Webエンジニア